ケアプロストは副作用はないのか

まつ毛もエクステから自然増量の時代となってきているのかもしれません。というのも、ケアプロストを使うことで、まつげを増やすことが出来るからです。実際にその利用する女性の数も増えてきているようです。大手の個人輸入代行業者でも取り扱いが増えてきています。

安全とはいえ個人責任

アメリカのFDAで認可されており、世界中でも使われているのがケアプロストです。
日本ではタダラフィルのように認可されていなくても、外国では認可されているお薬は多くあります。ですので、薬の効果を受け取ろうとすると個人輸入をしなければなりません。
多くの薬は、正しく使用することで安全を保つことができます。それほど不安になる必要はなさそうです。とは言っても個人輸入ですので、自己責任ということを忘れてはいけません。

不安になるのは副作用

やっぱり不安になってしまう理由としては、副作用があるからでしょう。病院の処方箋なしに、また医師の診察もだしに使うのですからそれも仕方ありません。
ケアプロストの副作用としては目の充血やかゆみなどがあります。またまつげ付近の色の黒ずみなども確認されているようです。
目の充血の場合、他の薬を使うことで緩和することが可能です。クリアリンなど他の薬を使うと良いでしょう。もちろんケアプロストの処方を中止することも必要です。
あと、まつ毛部分の黒ずみもケアプロストの使用を中止すれば元に戻ることができます。

違和感を感じたら、すぐに中止を

ケアプロストも1ヶ月から3ヶ月ほどで、効果を実感することができるでしょう。
もしもその間にまつ毛が目の付近で違和感を感じたら、すぐに使用を中止しましょう。
大抵はそれで症状の回復に向かうはずです。もしも不安に感じたら、すぐ病院へ行くようにしましょう。
けあは、無理をしないで使っていくことが大切です。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP